塾紹介

人間力を鍛えます! 受験を通じて大きく成長する子にします!

 私たちは難関校の合格実績を出すことを目指している塾ではありません。 校舎展開も考えておりません。 一人ひとりを見つめた理想の教育を常に考え行動しています。
 受験は結果がすべてではなく、 目標に向かって全力で努力し障壁を乗り越えていくことに意味があります。受験を乗り越え、その先にあるものを見つけて欲しい。受験を、本人もご家族も納得・満足のできる機会のひとつとして欲しい。本来、 生きていく力を身につけるための絶好の機会であるはずの受験。「やってよかったね!」 と笑顔で進学できる経験をぜひ私達と共にしましょう!
  私たちは「どうお子様と接し、 どうお子様を変えていくか」 の プロセスが重要であると考えています。単なる知識の詰め込みではない本物の教育をご提供いたします。
 なお、私たちの塾には入塾テストがありません。現状どういう成績であるか、どういう志望校に合格する見込みがあるかは大きな問題ではないからです。お子様の成績状況と現状の問題点をカウンセリングでお聞かせください。ご家庭のニーズに合わせて出来る限りのことをさせて頂きます。
お子様に合った講座がご提供できるかどうか、お話しさせて頂きます。
 私たちは難関校の合格実績を出すことを目指している塾ではありません。 校舎展開も考えておりません。 一人ひとりを見つめた理想の教育を常に考え行動しています。
 受験は結果がすべてではなく、 目標に向かって全力で努力し障壁を乗り越えていくことに意味があります。受験を乗り越え、その先にあるものを見つけて欲しい。受験を、本人もご家族も納得・満足のできる機会のひとつとして欲しい。本来、 生きていく力を身につけるための絶好の機会であるはずの受験。「やってよかったね!」 と笑顔で進学できる経験をぜひ私達と共にしましょう!
  私たちは「どうお子様と接し、 どうお子様を変えていくか」 の プロセスが重要であると考えています。単なる知識の詰め込みではない本物の教育をご提供いたします。
 なお、私たちの塾には入塾テストがありません。現状どういう成績であるか、どういう志望校に合格する見込みがあるかは大きな問題ではないからです。お子様の成績状況と現状の問題点をカウンセリングでお聞かせください。ご家庭のニーズに合わせて出来る限りのことをさせて頂きます。
お子様に合った講座がご提供できるかどうか、お話しさせて頂きます。

■人は本来、評価されて伸びるいきもの

ある冬の真っ暗になった夜、コンビニエンスストアーで肉まんを買い食いしている泥んこのユニフォームを着た野球少年を思い浮かべてください。皆さんはその少年を見て何を思いますか?
「夜遅くまで大変だな…。でも一生懸命練習して将来は甲子園(プロ野球選手・メジャーリーガー)をめざせよ!」と応援する(プラスの感情をもつ)方が多いのではないでしょうか。
 ところがです。同様にある冬の真っ暗になった夜、コンビニエンスストアーで肉まんを買い食いしている塾帰りの少年を見たら皆さんはどう思いますか?
「自分の時代はこんなことはなかった…。」
「今の日本はどうなっているんだ?」
などのマイナスの感情をもつ方が多いのではないかと推測します。
野球少年への感情と同じように「将来は開成(東大)をめざし、光り輝く未来を手に入れろよ!」と応援する方は少ないのではないでしょうか?
 どうしてなのでしょうか? それは「勉強=辛い」という誤解をしている方が多いからだと思います。勉強は元来、楽しいものです。知識を吸収するのも、成績が伸びていくのも、他人から評価されるのも、すべて楽しいはずです。野球なら全打席三振だった子がヒットを打てるようになれば誉められる。でも勉強は0 点の連続だった子が20 点になってもまず誉められない。(親というのは不思議なものです。我が子が赤ちゃんだった頃は「パパ」「ママ」の一言で飛び上がって喜び、ヨチヨチ歩きで大称賛をしたのに、大きくなると多少の成長では評価しなくなるのですから…。)
 趣味やお稽古は辛くなれば止めることができます。上達しなければ他のものに切り替えれば済みます。でも受験は避けることができません。中学・高校・大学の違いはあれど、必ずやってくるのが受験です。できないから苦しいのです。評価されないから伸びないのです。誉められないから辛いのです。
 親心は複雑です。我が子を一番愛しているのは自分なのですから、もちろん誉めてあげたい。しかし、日常の生活態度や成績を見ていると、誉める材料は少なく、ついつい小言が多くなってしまう…。当然です。
 しかし待ってください。物事ができるようになるには、時間と試行錯誤が必要で、失敗の向こう側に成功があるのではないでしょうか。私たち自身も過去にそういう壁を乗り越えてきたのではないでしょうか。だから待ってあげる必要があるわけですが、塾や学校の進度は速く、ついつい親も焦ってしまう…。ここに問題点がが潜んでいるのです。
 そう、目の前の成績ではなく、子ども達の態度・取り組み方に問題があるのです。そこを放置していては成績UPは至難の業です。
 どうせやるなら「本気で」思い切り努力し、辛いのを乗り越え、“楽しい” 受験をしましょう。学校に選ばれるのではなく、「こちらが選んでやる」くらい成績を上げましょう!
 私は考えます。「あの時ああしていれば…」そんな思いが親子に残ってしまうことが後悔する受験だと。そんな後悔は絶対にさせたくありません、させません。
個々の夢を必ずかなえたい…。
子ども達は鉄砲の弾ではありません。何発か撃てば当たるだろうというものでは決してないのです。
「いまその子にしてやれることは必ず実行する」これが私の考え方です。
逃げずに頑張る子どもに必ずさせます!

■受験はゴールではない!

前章でも述べましたが、受験に対して多くの大人が持つマイナスイメージはどこからくるのでしょうか?それは、「お受験」「受験戦争」「コネ」「裏金」などの言葉が、過去にマスコミ等で取り上げられてきたことと無縁ではないのでしょう。これらは「なんとか我が子を合格させてあげたい」という一念から、主に親が一生懸命行動する様子をマスコミが取り上げたことからイメージが残っているのだと思います。
 親が一生懸命になるのは当然です。しかし、第一志望合格が人生の全てなわけはなく、単なる通過点です。仮に第二志望以下の学校に進学しても、子ども達には堂々と胸を張って人生を歩んでいってほしい。中学受験に失敗して大学受験でリベンジ成功!という話や、無名の大学から超一流ビジネスマンといったことは稀な話ではなく、私の周りにはそういう人が大勢います。(もちろん、一流から一流という子も大勢いますが)
 そう考えると、どこの学校にということではなく、「どう成長したか」が大切であることがわかります。第一志望に合格したがその後は失速…という子ではなく、「受験を通して伸びるノウハウを身につけた」という子を育てていくこが大切なのです。
 最後に私の大好きな言葉を記します。
「金品は何者かに奪われればお終いだが、頑張った・努力したという経験は何者も奪うことができない財産である」
私たちの考えにご賛同下さる保護者の皆様、ぜひお気軽にお問い合せください。  
皆様からのご連絡を、スタッフ一同心よりお待ちしております。
塾詳細

〒162-0843
東京都新宿区市谷田町3-1 eisuビル10F
TEL: 03-5579-8944
平日・土曜 13:00~21:00
(※火曜は不規則)
日曜 13:00~20:00
(※日曜は特訓授業のため電話はつながりづらくなります) 
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-1 eisuビル10F

こだわりの板書。要点が分かりやすい「まとめノート」は塾生に好評。

こだわりの板書。要点が分かりやすい「まとめノート」は塾生に好評。

合宿

合宿

アクセス

JR市ヶ谷駅5番出口の階段を上り、外堀を右に見ながら直進します。左側にはガストが見えます。 2つ目の信号の所に自転車屋(写真1)があります。そこを左折するとすぐに右側に当塾(写真2) があります。  写真1 自転車屋さん 写真2 当塾
マップ eisuビル 中央線・総武線の車内からよく見えるeisuビルの6・7・10Fが当塾です。 

アクセスマップ